2009年03月31日

弥生後期・最古のスギ割竹形木棺が出土!

弥生後期・最古のスギ割竹形木棺

野洲の市三宅東遺跡から出土

 野洲市教委は30日、同市市三宅(いちみやけ)の市三宅東遺跡から、弥生時代後期後半(2世紀)の割竹形木棺のふたとみられる遺物が出土したと発表した。割竹形木棺は半円形に割った木の中をくりぬいてつくり、本体とふたを合わせて棺とする。同市教委は全国最古の同棺の出土例になるとしている。>>続きを読む

 古墳時代前期(3−4世紀)を中心に確認され、これまでは大阪府八尾市で出土した3世紀のものが最古とされていた。これまでの確認例ではコウヤマキでつくられたものが多かったらしい。

posted by maramarawon at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月29日

「飛騨牛」精肉3社、5億円申告漏れ

「飛騨牛」精肉3社、5億円申告漏れ 追徴2億数千万円

 ブランド和牛「飛騨牛」を扱う岐阜県内の精肉業大手の3業者が、名古屋国税局から総額約5億円の申告漏れを指摘されたことが分かった。根拠のない収支を計上し、利益を少なく申告したという。仕入れの水増しなど所得隠しが一部あったとされ、同国税局は重加算税を含め計2億数千万円を追徴課税した模様だ。 >>続きを読む

 飛騨牛をめぐっては、岐阜県内の肥育農家約20戸が同国税局の税務調査を受け、06年までの3年間を中心に総額約9億円の申告漏れを指摘されたことが今年1月に明らかになっているそうだ。

posted by maramarawon at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

カラフト犬の慰霊碑、南極から50年ぶり“帰国”

カラフト犬の慰霊碑、南極から50年ぶり“帰国” タロ、ジロ仲間の慰霊像

 南極観測隊が引き揚げる際、カラフト犬タロ、ジロと一緒に昭和基地に置き去りにされ、死んだり行方不明になった犬13匹を供養するため基地近くに安置された慰霊像が50年ぶりに“帰国”し、近く国内での展示が検討されている。>>続きを読む

 慰霊像は4年前に基地近くで見つかり、観測隊隊長室に安置。昨年12月、南極でカラフト犬慰霊祭を行い、第49次越冬隊が今年、オーストラリアから日本に送ったという。

 「南極物語」を思い出しますね。

posted by maramarawon at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。