2009年04月19日

若手研究者の海外武者修行を支援

若手研究者の海外武者修行を支援、政府が渡航費や滞在費

 政府は、若手研究者の海外での武者修行を支援する。

 5年間で1万5000人〜3万人の若手研究者や大学院生に渡航費と滞在費を支給し、海外の大学や研究機関へ数か月から1年程度、派遣する構想。300億円の基金創設を、2009年度補正予算案に盛り込む。>>続きを読む

 環境が異なる海外での研究は、若手にとって大きく飛躍する貴重な経験となるが、帰国後に安定した職を得られる保証がないこともあり、研究環境の整ってきた日本国内に安住する傾向が強まっているということだ。

posted by maramarawon at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。