2009年09月18日

札幌市職員給与、年18万円減額を

札幌市職員給与、年18万円減額を 人事委勧告

 札幌市人事委員会(荒木哲彦委員長)は17日、本年度の市職員の月給を平均1・16%、期末・勤勉手当(ボーナス)を0・3カ月分引き下げるよう上田文雄市長に勧告した。平均年間給与の減額幅は過去最大の約18万9千円。 >>続きを読む

 勧告では、職員の月給が同様の職種の市内民間企業を4642円上回っているとした。ボーナスは民間支給割合が4・12カ月分のところ、「職員数を抑制し行政サービス向上に努めている」などとして勧告は4・15カ月分とした。同委員会は「市内民間企業の厳しい状況が官民格差に表れた」と説明している。

posted by maramarawon at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/128356036
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。