2009年10月07日

研究費流用の50代男性教授

名古屋大:研究費流用の50代男性教授 諭旨退職処分に

 名古屋大学の医学部教授らが研究費を不適切処理していた問題で同大学は5日、約35万円を私的流用したとして50代男性教授を諭旨退職処分にした。教授は同日、退職願を提出し、受理された。>>続きを読む

 男性教授は02〜04年度にかけて研究費を年度ごとに使ったように見せようと、研究用消耗品の購入名目で約256万円を業社に預けた。後日、別の消耗品を購入したが、約35万円で腕時計や自転車、炊飯器などを購入、私的流用したという。

posted by maramarawon at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。