2009年10月11日

プログラムミスで235人を「死亡」

プログラムミスで235人を「死亡」誤通知

 兵庫県西宮市は10日、個人住民税が年金から天引きされる制度に基づいて社会保険庁にデータを通知する際、6〜7月分の税額変更者235人を誤って死亡者扱いにするミスがあったと発表した。>>続きを読む

 西宮市によると、委託した業者のプログラムミス。「税額変更による(天引き)停止」と通知すると「死亡による停止」と処理されるようになっていた。市は、全員の自宅を訪ねて謝罪するという。

posted by maramarawon at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 事件・事故 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/130050321
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。