2009年10月19日

メキシコの麻薬組織、敵対する10人の首切り

メキシコの麻薬組織、敵対する10人の首切り死体を遺棄

 [メキシコ市 16日 ロイター] メキシコ南西部のゲレロ州で、麻薬組織が敵対する組織に所属する10人の首を切り、死体をバラバラにして捨てるという事件があった。当局が16日明らかにした。>>続きを読む

 死体は18個の袋に分けて入れられ、道路に乗り捨てた配達用トラックの中に放置されていた。現場には「La Familia」と名乗る麻薬組織による「死んで当然の人間たちだ」という手書きのメッセージも残されていたという。恐ろしや〜〜

posted by maramarawon at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。